学校の知名度を上げる為に,広報のおっさんが今すぐ行うべきこと

まじめに考えたやつ

麻布です。
現役(ぎりぎり)高校生です。
そう、来年には大学生になってしまうのです!!!!

と、いうことでクソみたいな高校から脱せられる幸福感と卒業式の代表の言葉を考えていた時のどうしようもないノスタルジーに相挟まれまして

「せっかくだったら、少しくらい学校孝行してやんよ」

と思い立ち、まじめに考えましたので、暇で頭が凝り固まった先生方はHPを必死に更新してないで僕の意見を聞いた方がいいですよ…と。

ではまず、なぜHPを更新してはいけないか。

理由は簡単。

何であんたらの学校に興味持って検索してくれると思ってんの?

それに足して、検索ボックスに「高校名」を打たないと出てこないの???

と言うこと。

 

僕の学校、「明星(めいせい) 高校」ですが検索するとお金の力たまたま一番上に表示されます。では、同名の「明星(みょうじょう) 高校」は?

 

 

 

その下の下の下の下に表示されますね。

その時点でまず負けですし、まず「明星(めいせい)高校」はアホみたいに財力ありますので、いくら広告費にかけているかと思うと、それだけでこれからも検索結果で「明星(めいせい)」には勝つことはないでしょう。

ではわが母校。「明星(めいせい)」はこのようにHPにお金を出しバス会社にお金を出しラッピングをし、挙句の果てに最寄り駅「府中駅」の駅名標の下にまで『刻銘』をしました

 

 

 

 

 

 

その結果はどうでしょうか。

年々、入学者(志望者)は下がり、同時に偏差値も下がり、入学者のモラルも下がり、段々と荒れてゆき(←イマココ)、小学校から廃校となり…

まだ最後まで行っていませんが、何もしなければ十年と持たないでしょう。

そして、一番驚いたのはこちらで働く先生のお言葉。

「まぁ、少子化だし、この辺の地域も全体的に入学者が下がっているからね…」

!?!?

呆気にとられ、思わず笑ってしまいました。

まてまて、それを言い訳にしたらそしたら時代の流れと共に廃校になっても

「まぁ、少子化だし、この辺の地域も全体的に入学者が下がっているから仕方なかったね…」

と言うのでしょうか。

つまり、毎年入学希望者があふれるほど来る学校なら考える必要はありませんが、それ以外の学校で、私の母校の様にお金が余るほどないのであれば対策を練るべきなのです。

 

本題。

 

Twitter

まずTwitterはやってもいいがすでにレッドオーシャン。

企業アカウントや「教会アカウント」が入り交じり、面白くなければ絶対にバズらない。

 

 

 

 

と、まぁTwitterで相当の発言力を持っているアカウントをいくつか挙げてみましたがどうでしょう。面白い・・・

おじさん方はこう思ったでしょう。

 

「企業公式アカウント」であるのにも関わらず、こんなにはっちゃけていいのか。

 

逆です。Twitterであるからこそ、場の雰囲気を読みそこに適応しそして自社の商品やサービスを宣伝しているのです

 

しかし、企業アカウントが参入してきたのは数年前。

すでにレッドオーシャンと化しています。

 

そこに広告担当のおっさんが一人、見たこともない青い鳥(Twitterのマーク)にどう立ち向かうというのでしょうか。

そして、ちょっとふざけたツイートをしたいと思っても、きっと上司のアポを取って会議を行って、月に一度しかツイートしないという愚行に走るでしょう。

 

もし、ツイッターを学校法人が行うのであれば、若く、いつでもスマホをいじり、なおかつちょっと変な先生に任せるといいでしょう。きっと独特なツイートをしてくれるでしょう。

その際、あまりキツく縛らず、ラフに、そして宣伝したいことを「LINE」で伝えるといいでしょう

 

インスタグラム

僕は、このツールは絶対にうまくいくと確信してます。

 

おじさん方、インスタグラムをご存知でしょうか。

何それ美味しいの?。インスタ映え?というおじさんの為に、軽く説明。

Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーションソフトウェア。日本では「インスタ」とも呼ばれる。

インスタグラムの投稿画像は正方形が基本である。

 

Boiling hot🔥🌞💦 LAめちゃ暑いー!

i_am_kikoさん(@i_am_kiko)がシェアした投稿 –

 

ちょっとイメージつきにくいと思いますが、10代の女の子からママさんまで幅広く女性に愛されているアプリです。

 

そこにビジネスチャンスがないというほうが無理な話。

 

例えば!

若く、インスタをやってそうな女性の職員に、担当の授業を一枚のプリントに「かわいさ」を重視してまとめてもらうのです。

 

それを何人かの職員に週一回程度依頼し、何日かのペースで「かわいい」まとめプリントを上げ続ける。

 

そして、上げていることを自校の生徒に宣伝するのです。

そうすれば、ネットの情報は何かしらのとっかかりがないと乗れないインターネットの波に、すでに乗っている生徒に拡散してもらうことができるのです。

 

また他にも、学校の交流会での写真やシンポジウム等で貰ったプリントやその会の様子で「拡散できる」ものを載せたりすると、学校関係者、生徒、保護者だけでなく、将来先生になりたい若者や不登校になってしまった生徒等、様々な層にニーズがあり、実によいツールになると感じています。

 

そして何より、インスタは企業や学校にとってブルーオーシャン。

(企業アカはあるがつまんない)

 

がんばれおっさん。

 

3000字を過ぎてしまったのでテンポアップ。

 

ニコニコ動画orツイキャスor適当な生放送ツール

生放送は需要があります。

しかし、既に「先生方」が生放送に乗り出しています。

そして、「先生方」が生放送できる専用のツールがあります。

つまり、生放送はレッドオーシャンなのです。

ただ!!!ニコ生やツイキャスで「本物」、「現役」の先生がやっている生放送はほぼないです。

補修の時、後ろにカメラを設置し、すべて垂れ流し、もし「問題のある」発言をしていないようであれば、アーカイブ(後で見れる)しておけばいいのです。

あと、悪い言い方ですが教え方に特徴がある先生か、「イケメン」にやってもらうとファンが付きやすくなります。また、その先生がTwitterやったら面白そうですよね。

 

はてなブログ

「いや、うちはHP(ホームページ)更新してるから!!!」

 

いやまて、HPは自校の詳細な情報を載せるチラシに過ぎない。

そんで、収益化もできずHPは作るだけで管理費サーバー代、それでいて法人だからアホみたいに高い金を払っている…

それでいいのなら勝手にどうぞと言う他ないが、「ブログ」であれば、

 

拡散しやすい、されやすい

全く学校のことを知らない人に興味を持ってもらえる

参考書の紹介をアフィリエイトくっつければ収益化できる(?)

(法人がどうなってるかしらないです。すいません?)

 

これも担当を用意して、何人かで回せば負担は少なく、また少なくともHPより色々な人に見てもらえるんじゃないかなと。

また、このツールはしっかりと方向性を決めることが必要です。

 

youtube

 

ここはもう酷いレッドオーシャンとなっているので、本当に工夫をしなくては絶対にやっていけません。少なくとも、勉強をしていればよかったおっさんにとっては苦でしかないと思うので、非推薦。

 

LINE 公式アカウント

 

作るのは容易だと思いますが、これを作るのならHPのQ&Aコーナーを充実させるべきだと。

 

facebook

 

いまさら!?!?

企業向けに企業アカウント(BtoB)としてなら効果は見込めると思えるが、それ以外であればTwitterを使う方がいいかと。

 

他に大きなチャンスが広がっているところがありますが、そこは僕がビジネスを展開させようとしているところなのでまだ秘密…

 

まとめ

と、いうことでお金をかけず、ちょっとの工夫と努力で莫大な宣伝効果を見込めるということがなんとなくでもお分かりいただけたでしょうか。

 

あと最後にもう一つだけ言って終わりにしたいと思います。

 

株式投資を始めて思ったことですが、生徒と学校は、株主と会社の関係にとても似ていると。

つまり、株主の意見を反映させ、お金を持っている資産家に株主になってもらわなくてはならない。

その為には、興味をもってもらうことはもちろん、ここに投資したい!と思わせなくてはなりません。今、そのアピールポイントはどこの学校も「偏差値」くらいしかありません。

正直、教育にはとてつもなく広いビジネスチャンスがあり、現在様々な企業がそこに参入しています。

無料で、高卒の検定に合格できる程度のサービスを提供している企業もあります。

そこに勝つためにはどうするか。

 

色んなことをやって、それを世界中に拡散してしまえ!!!

 

頑張ってください。何かあればTwitterのDMで。