原付免許取ったので体験談を語る ~午前編~

日記

 

 

 

麻布です。歯医者の帰りで、痛すぎで泣きそうですが始めたいと思います。

 

時は先週にさかのぼる!!

 

場所は府中にある

 

ここです。

 

「何でここなんだ!ふざけんな!」

 

って言われたら謝ることしかできないんですけど、近くに親の職場があっただけです。

 

朝・9時00分 現地到着

ママンが仕事のついでに乗せてってくれました。

マジで感謝。

 

ただし、9時15分くらいには受付を終えなくてはならなかったので結構ギリギリでした。

まず初めに何枚か書類を書き、持ってきた顔写真を張り、それをフロント(?)に提出し、視力検査へ。

 

視力検査を9時15分までに終わらせなくては、朝来た意味がなくなってしまう。

しかし、視力検査に長蛇の列がっっ!!!

 

現在時刻は9時10分

 

アナウンス「9時15分を過ぎると午後からの応募となりま~~~~す」

 

 

煽ってんのか?

 

 

しかしここで、毎回の定期テストで鍛えられた『ヤバい状況下で平然な顔を装うスキル』が発動。

結構ヤバい時間なのに余裕を見せ、どや顔でスマホの原付免許対策アプリを開く。

 

壁紙が天皇の推しメン、佳子さまなので

(ヤバい人に見られたらどうしよう…)

という謎の心配を抱え、待つこと数分。

 

前のおっさんが行ったら俺の番だ!!

歓喜の雄たけびを(空想内で)上げる。

 


 

医者「おじさーん。目を近づけてくださーい。おじさーん。メガネは付けたままでお願いしまーす。おじさーん。Cはどっち向きですかー。おじさーん。おじさーん。おじさ…」

 

おじさん「すみません。視力検査はじめてなもんで…」

 

な に そ れ な に そ れ

に そ れ な に そ れ な

そ れ な に そ れ な に

れ な に そ れ な に れ

 

こっちは昼飯持ってきてねぇんだよ!!!

てかなんだよ視力検査受けたことないって!!

 

国民の三大義務

・「教育の義務(26条2項)」

・「勤労の義務(27条1項)」

・「視力検査の義務(30条)」

 

だろっっっっっ!!!!!

 

これで受けられなかったらおっさんマジであんたの子供誘拐して、三日間くらいずっとコレステロールの高い食事を与え続けちょっとだけ不健康にしてやるからな!?

と謎のメンチを切っていたところ呼ばれた。

 

隣の列に並んでいたら、今頃前の列の人はきれいな女性で間接アイキッス(は?)できたのに…と悔しがっていたがとりあえず視力検査は終了。

視力検査中ずっとCの名前が思い出せずイライラしていたのは秘密。

 

終わると三階に案内された。

 

毎日学校に行って三時間で帰り、そっから夜中までパソコンやってる男には階段がきつい。

(あとで知ったことですが、エスカレーターがあったらしい。ふざけんな)

待合室のようなところで待っていると、料金支払いと受験票の案内があったので済ませ、試験会場へ。

 

 

試練の間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(赤い席の前に受験番号〈330-350 みたいな感じ〉が張ってある。)

 

一応、筆箱を持ってきていたが試験会場の出入り口で鉛筆と消しゴムが配布され、それで記入しろとのこと。

それを持ち、試験会場に。

 

てか昭和の小学校かよ!!今、机付けてる学校なんてレアだろ!!

 

と思ったけど、わんちゃん隣がかわいい子だったらうれしいじゃん!!

 

 

 

 

 

空席だったので戦闘力が3下がった。

 

そして、試験直前に(めっちゃ怖い)試験官のおっさんが入ってきて

 

「えーこれから試験を始める。不正した者はこの窓から投げ捨てる。殺されたくなかったら黙ってほかの受験者の邪魔にならないように。全員合格を祈る。」

 

みたいなことを言ってた気がする(適当)

隣の人がか弱そうだったらカンニングする気満々だったのだが、空席だったのと、試験用紙が一人一人違っていたので仕方ない。

てか、紙かよ。国が管理してんだからデジタルでやれよ。と思った言葉を飲み込む。

 

「それでは、試験開始っっっっっっっ!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

一夜漬けの実力見せてやんよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

結果・不合格。

50点満点で、45点が最低ライン。

44/50と、まるで僕の人生を表しているかのような点数。

 

近くのガストでオムライスを食べました。美味しかったです。

 

後半に続く。

 

日記

Posted by azabusan